技術のチカラで世界を作る KURAKI

採用TOPへ戻る

Message先輩からの メッセージ

苦労の多かった機械ほど、
無事に納品されていく姿が嬉しい。技術部
品質管理課所属
2018年入社 T.O.

検査する機械それぞれに特色があるのが面白い

出荷機台の性能検査や部品の検査を行っています。 基本的には工作機械が指示したとおりに動いているか?加工ワークを削り、それが基準値を満たしているか?などを検査しています。 それらの値は厳しく設定されており、基準値をオーバーしている際は工場に対し修正依頼をかけています。そのような厳密な品質管理により、出荷する機台の品質を確保するのが私の仕事です。

機台毎に部品どうしの相性等も相まって全部が同じではなく、特色があるのは面白いポイントです。
やらなければならないことが多く、大変だなと思うこともありますが、自分自身の力量のなかでいけるのでは?と思うと、 むしろ「やってやろう!」と励みになったりもします。それを越えていくことに魅力を感じています。
機械が無事に出荷され「無事に終わったな~」と思えるのがやりがいだったりします。作る工程では様々な苦労があるのですが、 色々ありながらも最終的に出荷される姿を見ると良かったなあと感じます。 案件によっては本当にギリギリまで対応することもあるのですが、 苦労の多かった機械ほど、 無事に納品されていく姿が嬉しいです。

オープンで助け合える関係性で働きたい

一緒に働きたいのは話しやすい人です。様々な事象が発生するため、特に入社したての頃は困ることもあると思います。私の経験では、先輩から自分が落ち込んでいる時には、 ジョークや失敗談を交えながら励ましてもらいました。だからこそ、後輩となる皆さんともオープンで助け合える関係性になれたらと思います。

KURAKIに向いているのは一言で言うと「忍耐力のある人」です。とは言え体育会系な話ではありません。業務上、微調整の繰り返しや精密な検査のスキルが求められるからです。それを一人ではなく、チームでやっているからこそ忍耐強さは求められます。ですが、最終的に無事納品された時は、「良かったなあ」とチームで感じられやりがいに繋がります。

KURAKIの良い点は二つあります。お客様第ーなところです。私自身は性能検査をすることが多いですが、販売後のアフターフォロー体制は素晴らしいと思っています。
もう一つは社内のつながりの強さです。他部署との交流がしやすく、班長クラスの人でも情報共有しやすい体系のため、フラットに話すことができます。

その他の先輩からの
メッセージ